アメニモマケズ

ディオの遊び心 2

第3部において、ディオの幽波紋(スタンド)の不思議さを示した場面は、
ホル・ホースがディオに向けてエンペラーを発動した時でしょうか。

蜘蛛の巣のはった部屋で、ホル・ホースはディオを殺そうとして銃を向ける。
その瞬間、ディオはホル・ホースの背後に立っている。
しかも、蜘蛛の糸は一本として切れていない。

(分からない方は、単行本の22巻を読んでいただきたい)

後に、明らかになるディオのスタンド能力「時を止める」ことから考えると、
その「不思議」も解明されるんだけど・・・
よく考えると、つまりこういうことだ。

1.ホル・ホース、ディオに銃を向ける
2.ディオ、その瞬間「ザ・ワールド」を発動
3.ディオ、蜘蛛の巣を切らないように、
  細心の注意を払いながらホル・ホースの背後へ。
4.そして時は動き出す

うーん、以外とまぬけ?
[PR]
by shikechin | 2005-05-25 21:07 | ジョジョ